森の木陰でドンジャラホイ!

2019/6/15 ブログを livedoor 様に引っ越して来ました。未だ設定を詳しく理解していません。 野山を駈けずり廻って被写体を探しています。キノコ、野生ランが上手く撮れると楽しいです。特に拘りがないと言うか何でもありで節操のないブログです。

先日のとは異なる場所のナツエビネを確認してきました


1ヶ所目
DSC04529
 廻りの草木が生い茂り見失いそうでした。🍂と花の本数から推定するとかなりの年数です。

 2ヶ所目
DSC04533
 
 3ヶ所目(過去の画像)
IMGP4815
 無くなっていました。盗掘でも食害でもないと思われます。
 猪捕獲の罠が仕掛けられ更地になっています。
 何処かに植え替えたのならまだしも、貴重な植物も雑草扱いの方がいるパターンでは?

 おまけのマヤラン
824
 花期はいつなのでしょうか?場所によっては6月とか11月に咲いてました。 

 もう一つ おまけのアナグマ
DSC04544
 猿・鹿・猪ならそんなに珍しくないですが
 赤信号で止まったら右に、何かを食べてるので人間に気付いていません。
 カメラを取り出し窓を開け3枚シャッターを切ったら青信号になったので正面顔はムリでした。
 よくどんな山の中に住んでる様に問われますが、そんな場所で徘徊しています。

裏山を徘徊してきました
凹々道が裏山と称しているのは関東甲信越の何処かだと思われます(爆)
山野草愛好家と称する様な盗掘者も検索しているので場所なんぞ絶対信用できる方にしか教えられません

では タカネフタバランが苔の中に 良い雰囲気の場所です
PX210913
いつも見るのはもっと乾燥した場所でした

ヒメミヤマウズラ 殆ど未だ蕾ですが
PX210953

 中には気の早いのも
HIRO4203

ミヤマモジズリ そんなに珍しくはないのかも でも初見です
HIRO4197

PX210928

クモキリソウ
PX210933

 トラキチラン
PX210905
 も少し花が5個位付いてて欲しかったが 贅沢は言えまい

ナツエビネ(夏海老根)の住んでいる山にお邪魔しました
場所はいくらでも教えましょう 山野草愛好家とかぬかす窃盗団も検索しているでしょうが
場所は日本国内のどこかです(参考になりましたでしょうか 爆)

HIRO4111

 気品というか清楚な感じで大好きです
HIRO4118

 とっくに咲き終わった株はあるが 未だこれからも こんなに小さな株でも花は咲きそうです
HIRO4124

 花は20個程度付き上の花が咲いた頃には下の花は終わっています これは珍しいかも
PX190866

 カメラの設定モードを間違えたわけではない あれぇアルビノ
HIRO4127
 たかがナツエビネ されどナツエビネって

先日シーズン外れですが ビーチコーミングしてきました
曇っていて風もあったので大汗をかくこともなく
先客の同業者に先を越されたかも
1時間の収穫は

PX150838
タカラガイ・ウニ・フジツボ・その他

一番下の左から2~5は海水で濡れてると綺麗でしたが 持ち帰り乾燥するとガビガビでボツ

綺麗なのだけ並べてみました
PX170851
 左上 : クチムラサキダカラ?(色が濃い 縞模様あるようなない様な)
   上左2 : クチグロキヌタ
 右下 : ホシキヌタ(ツルピカでこんなに色が濃いのは初めて)
 下左2:  亜成貝のナツメモドキ
 左3列目上下 : シボリダカラ
 右 : キイロダカラ
PX170853
 
 結局ビーチコーミングに季節は関係ないみたい

しつこくカシノキランです
今回の目的はまだ咲いているか開花期間を調査です


昨日 未だ大丈夫です
HIRO4072

 真横から見ると5株並んでいても花はよく見えません 隠れているつもりかなぁ
HIRO4046

HIRO4050

葉っぱは木の幹と垂直に横を向いています 
花は真下から見なければ 

素晴らしい 天晴 よくぞ凹々道の為に咲いててくれてありがとう
HIRO4054

PX120709
 ↑ が一番低い位置にある花だと思ってたが まだ下にも

PX120707



 終焉まじかでしょうか
PX120699


結果 今年は植物の開花は遅れ気味だとして8月初めから中旬にかけて咲いていました

↑このページのトップヘ